オルニチンサイクル(尿素回路)の役割と重要性

オルニチンサイクルとは!シトルリン、アルギニンを経て尿素に代謝

オルニチン,オルニチンサイクル,肝臓

オルニチンサイクル(尿素回路)とは何かといいますと、体内での窒素(NO)代謝経路の一つです。
体内で窒素(NO)を含む物質、主にはタンパク質や一部のアミノ酸ですが、
これらが代謝されるとアンモニアを生じます。

 

アンモニアは毒性が高いので、そのままにしておくわけにはいきません。
そこで、ヒトを含む哺乳類は、これを無害なものに変える仕組みを持っています。
それが、オルニチンサイクル(尿素回路)と呼ばれるものです。

オルニチンサイクルとは

オルニチンサイクルでは、アンモニアをいくつかの過程を経て最終的に尿素に変換します。
尿素は無害で水溶性ですので、尿として問題なく蓄えておくことができ、
ある程度溜まってからまとめて排泄することができるという効果が生じるわけです。

 

このオルニチンサイクルにはいくつかの化合物名が出てきます。
まず、アンモニア炭酸からスタートします。

 

アンモニアと炭酸からカルバモイルリン酸ができます。
化学をある程度知っている人なら、P(リン酸)はどこから出てくるのかと思うかもしれませんがATPからです。

 

次に、カルバモイルリン酸とオルニチンが反応し、シトルリンが生じます。
続いてシトルリンとアスパラギン酸が反応し、アルギニノコハク酸が生じます。
これが分解されてアルギニンが生じ、最後にアルギニンから尿素オルニチンが生じるのです。

 

ここのオルニチンがスタートにに戻って再利用されるので、オルニチンサイクルと呼ばれています。

 

オルニチンサイクルの重要性

アンモニアは身体のエネルギーの生産を阻害するので、急いで分解して除去する必要があります。
この分解を行ってくれるのがオルニチンサイクルであり、その時に必要になる材料が「オルニチン」になります。

 

昔から「しじみ」を摂ると元気になると言われてる所以は正にオルニチンサイクルに有ります。
オルニチンでアルコールを分解してくれるので、疲労改善効果が期待できるわけです。

 

他にも「しじみ」が二日酔いに良いと言われるのは、大量に飲んでしまったアルコールをオルニチンが分解してくれるので
飲酒によって起こるアルコール性疲労を和らげてくれる働きがあるからです。

 

オルニチンサプリランキング

>>オルニチンの効果を発揮したいならコチラが参考になります!<<


オルニチンサイクルとは!身体に有害なアンモニアを分解して疲労改善記事一覧

オルニチン,尿素回路,肝臓

オルニチンは尿素回路を構成する物質アミノ酸の1つであり、腸で吸収され肝臓や腎臓、筋肉などに移行します。尿素回路はオルニチン回路、オルニチンサイクルとも呼ばれており、主に肝臓に存在し、有害なアンモニアを代謝する経路です。オルニチンは、この尿素回路と関係している他、肝機能が低下した肝臓を保護したり、肝臓でのタンパク質合成を高める働きをしています。肝臓の役割と尿素回路(オルニチンサイクル)肝臓の役割は主...

オルニチン,アルギニン,相乗効果

オルニチンの機能オルニチンの成分は二日酔いに効果があると言われています。オルニチンはシジミなどに多く含まれていることから、味噌汁などの料理に利用して摂取することの多いアミノ酸です。オルニチンは体内では合成することのできない必須アミノ酸のひとつに数えられていて、体内では尿素回路(オルニチンサイクル)を構成する物質のひとつです。オルニチンは成長ホルモンの分泌を促進させる働きがあることから、免疫力の向上...