肝臓の重要な働きの尿素回路(オルニチンサイクル)とオルニチンの効果

尿素回路と肝臓に重要な働きをするオルニチンの働き

オルニチン,尿素回路,肝臓

オルニチンは尿素回路を構成する物質アミノ酸の1つであり、
腸で吸収され肝臓や腎臓、筋肉などに移行します。

 

尿素回路はオルニチン回路オルニチンサイクルとも呼ばれており、
主に肝臓に存在し、有害なアンモニアを代謝する経路です。

 

オルニチンは、この尿素回路と関係している他、肝機能が低下した肝臓を保護したり、
肝臓でのタンパク質合成を高める働きをしています。

肝臓の役割と尿素回路(オルニチンサイクル)

肝臓の役割は主に下記の2点が挙げられます。、

  1. 栄養素の分解と合成・貯蔵
  2. アンモニアの解毒

肝臓は、血液で運ばれてきた物質に対して様々な働きをしています。
特にこのアンモニア疲労の原因物質のひとつともいわれており
過剰な摂取は脳に悪影響をおこしてしまいます。

 

オルニチンはこのアンモニアを解毒する尿素回路の一部を構成しており、
この尿素回路でアンモニアは無毒な尿素になります。
尿素を作った後、オルニチンは肝臓で再生されます。

 

尿素回路でのオルニチンの働き

オルニチンは尿素回路を活発にし、ミトコンドリアの働きを助け、肝機能全体の機能を助けています。
また、日常の疲労感を抑える働きもしています。

 

沈黙の臓器とも呼ばれている肝臓は、痛みを感じる神経がないため、初期の段階で不調に気づくことができません。

 

オルニチンを効果的に摂取することで、肝機能の働きを助け、あらゆる疲労感から解放されていきます。
また、成長ホルモンの分泌、筋肉づくり、体脂肪・アンモニアの分解、細胞分裂の活性化、新陳代促進,,
二日酔いの解消などにも役立っています。

 

オルニチンサプリランキング

>>オルニチンの効果を発揮したいならコチラが参考になります!<<


[オルニチンの様々な効果]の関連記事

オルニチン,尿素回路,肝臓

オルニチンは尿素回路を構成する物質アミノ酸の1つであり、腸で吸収され肝臓や腎臓、筋肉などに移行します。尿素回路はオルニチン回路、オルニチンサイクルとも呼ばれており、主に肝臓に存在し、有害なアンモニアを代謝する経路です。オルニチンは、この尿素回路と関係している他、肝機能が低下した肝臓を保護したり、肝臓...

オルニチン,アルギニン,相乗効果

オルニチンの機能オルニチンの成分は二日酔いに効果があると言われています。オルニチンはシジミなどに多く含まれていることから、味噌汁などの料理に利用して摂取することの多いアミノ酸です。オルニチンは体内では合成することのできない必須アミノ酸のひとつに数えられていて、体内では尿素回路(オルニチンサイクル)を...