オルニチンとアルギニンを摂取することで得られる相乗効果

オルニチンとアルギニンを摂取することで得られる相乗効果

オルニチン,アルギニン,相乗効果

オルニチンの機能

オルニチンの成分は二日酔いに効果があると言われています。
オルニチンはシジミなどに多く含まれていることから、味噌汁などの料理に利用して摂取することの多いアミノ酸です。

 

オルニチンは体内では合成することのできない必須アミノ酸のひとつに数えられていて、
体内では尿素回路(オルニチンサイクル)を構成する物質のひとつです。

 

オルニチンは成長ホルモンの分泌を促進させる働きがあることから、
免疫力の向上などにも役立ちます。

 

アルギニンの機能

アルギニンは、同じアミノ酸のひとつですが、体内で合成できることから非必須アミノ酸に分類されています。

 

しかしアルギニンは、体内でタンパク質を合成する要素であり、
生きていくために必要なことから重要な栄養素のひとつとして数えられています。
アルギニンの効能には、精力的な肉体作りに欠かせないものとなっています。

 

オルニチンとアルギニンの尿素回路

オルニチンとアルギニンの2つは、尿素回路(オルニチンサイクル)で相互変換を繰り返す仕組みとなっています。

 

尿素回路の起点はアルギニンから尿素オルニチンに分解されます、
その際に血管拡張を促す一酸化窒素が生成され、
オルニチンからシトルリンに変わると、さらにアルギニンへと変換されます。

 

尿素回路が正常に働いているとアンモニアが排泄され、疲労回復に役立つようになります。
どちらか一方を摂取すれば変換されるので大丈夫かと思われますが、
実際には全てが変換されるわけではなく、一部分だけとなるため、
効果的な作用を期待する場合は、アルギニンとオルニチンの両方を摂取することが必要です。

 

オルニチンとアルギニンの2つは一緒に摂取することで相乗効果が出ると言われており、
基礎代謝能力が向上すると共に成長ホルモンの分泌を促し免疫力の向上や骨、筋肉の強化に役立つようになります。

 

オルニチンサプリランキング

>>オルニチンの効果を発揮したいならコチラが参考になります!<<


[オルニチンの様々な効果]の関連記事

オルニチン,尿素回路,肝臓

オルニチンは尿素回路を構成する物質アミノ酸の1つであり、腸で吸収され肝臓や腎臓、筋肉などに移行します。尿素回路はオルニチン回路、オルニチンサイクルとも呼ばれており、主に肝臓に存在し、有害なアンモニアを代謝する経路です。オルニチンは、この尿素回路と関係している他、肝機能が低下した肝臓を保護したり、肝臓...

オルニチン,アルギニン,相乗効果

オルニチンの機能オルニチンの成分は二日酔いに効果があると言われています。オルニチンはシジミなどに多く含まれていることから、味噌汁などの料理に利用して摂取することの多いアミノ酸です。オルニチンは体内では合成することのできない必須アミノ酸のひとつに数えられていて、体内では尿素回路(オルニチンサイクル)を...